消えかけの未来図

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

白猫日記[30]

fc2blog_201605201603077c8.jpg
fc2blog_20160520160308d36.jpg

7話



 ライバルである御剣がついになるほど君の味方っぽくなる話です。まあ……ついにと感じるかどうかは人によると思います。2話で「有罪判決の為には手段を選ばない」って説明がされたばかりなのに、7話目で早くもブレてしまうことに違和感を覚える人もいそうです。アニメが初見の方としてはどう感じるんでしょうかね。
 姫神は原作以上にあんまり性格とか内面が語られなくて、よくわからないまま退場してしまったのが残念でした。原作では最後に笑顔を見せるっていうカタルシスがあるんですけど、アニメではそれもなかったです。まあ悪役キャラの背景を描き過ぎるってのは他の要素が空気になってしまうのでよろしくないことではあるんですけど、3話もかけた事件の真犯人があんなにあっさり消えてしまうのはちょっと疑問に思ってしまいます。
 ……というのも逆転裁判の目玉である「証人の豹変」が、このキャラにはなかったから余計にそう感じるんですかね。山野とか小中は完全に小物だったので派手に吹き飛んでくれればどうでも良かったんですけど、姫神は真に追い詰められるまで顔色を変えないようなキャラなので、幕引きとしてはあまりすっきりしませんでした。

 良かった所としては、九太君が傍聴席を飛び出して熱弁をしたり、最後はみんなでヒメサマンを見て締めくくるアニオリのシーンが感動しました(小並感) いや本当に。やはり逆転のトノサマンは、逆転サーカスに負けず劣らず登場人物がいい人ばかりの話ですね。
 突風はシリアスな笑いを生みそうな一話以来のゲーム風演出でしたが……実際やってることはただの揚げ足取りだったので、正直大袈裟に見えました。

 次週はついに元祖最終章(?)である「逆転、そしてサヨナラ」が放送されます。狩魔豪さんがどんな風に描かれるのか楽しみですね。尤も次週は法廷パートはないでしょうけど。

1秒ごとに世界線を越えて

 先週の土曜日にAbemaTVでアニメシュタゲの一挙放送がやっているということをフォロワーさんから聞けたので、視聴してました。
 最初は別の所で同時にスマブラの大会も配信されていたということで、シュタゲはゲームでおさらいしたし見なくていいかな~という感じで、まあせっかくだから電車のシーンの部分だけ見とくか~という感じだったのですが、なんか気付いたら最後まで見てました。



 僕が見始めた頃は既に「後編」だったので、14話のこのシーンから視聴スタート。ちょうどシュタゲが面白くなってくると言われる辺りだったのでラッキーでした。

 なになにのアニメ化って原作より劣化してるとかで原作ファンからの評価は低くなってしまうことがあると思うんですけど、シュタゲのアニメにはそういうものは感じませんでした。アニオリのシーンやアニメならではの演出が光っていて、原作プレイ済みの自分でも十二分に楽しめました。
 特にトゥルーエンドを描いたラスト2話は何もかもが素晴らしかったです。原作しかやったことないよって方にもこの2話だけでも見ていただきたいぐらいです。
 他の話も全体としてもテンポは良いながらも重要なシーンはカットすることなく、綺麗に纏められていたと思いました。ただし20話のあのシーンに関しては……なぜ改変した!?という疑問が。これではあの人物がただの悪い人になってしまうのでは……。

 ちなみに余韻が抜けないのでカオヘとカオチャをポチりました。

オシャレコスプレ戦争

 スーパーオシャレガールで僕のフェスは終わりました。
 今回のフェスは世界同時開催ということで開催時間が長く、カリスマまで上げとこうかなと思いましたが……眠かったです。

 ブキは安定のスプラシューターワサビを使用しました。ウデマエがA+だったので化け物染みたような強さの人とは当たらなかったです。フェスパワーはいい仕様ですね……。
 ブキ性能のお陰で(たぶん)戦犯することはなく立ち回れましたが、キューバンラッシュに蹂躙されて2回ぐらい負けてしまいました。シャープマーカーといいプライムベリーといい、キューバンラッシュが可能なブキをしばしば見かけましたね。ナワバリのキューバンラッシュ鬼強いですもんね。



 今回も勝てましたね。良かった良かった。サザエ+10。
 頭メインヒト速の強いギアが欲しい次第です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。